• HOME
  • 最新ブログ情報
  • 【焼津市・藤枝市・島田市・牧之原市・吉田町新築コラムVol.195】屋根について考えよう④その他の屋根形状

ようこそゲスト様

Login

Blog

最新ブログ情報

2022.08.04

【焼津市・藤枝市・島田市・牧之原市・吉田町新築コラムVol.195】屋根について考えよう④その他の屋根形状

焼津・藤枝・島田・吉田町・牧之原で

新築一戸建て・注文住宅を建てるなら

はっぴいハウス営業サポート砂子です。

いつもブログを読んで下さり、

ありがとうございます。

 

過去3回のコラムで、住宅にとってとても重要な「屋根」について書かせていただきました。

《前回のコラムはこちらから↓
焼津市・藤枝市・島田市・牧之原市・吉田町新築コラムVol.185】屋根について考えよう①

焼津市・藤枝市・島田市・牧之原市・吉田町新築コラムVol.188】屋根について考えよう②切妻屋根

焼津市・藤枝市・島田市・牧之原市・吉田町新築コラムVol.191】屋根について考えよう③片流れ屋根

 

今回は他にも焼津・藤枝・島田・吉田町・牧之原の新築住宅で見かける屋根形状

「陸屋根」「寄棟屋根」

をご紹介していきたいと思います。


 

陸屋根はほとんど傾斜のない平らな屋根のことをいいます。

キューブ状の外観になり、モダンな雰囲気になります。

屋上利用が最大のメリットで、屋上庭園などを設けることもできます。

 

ただ、陸屋根は平らなことから三角屋根に比べると水はけが悪く、しっかりと防水処理をしておかないと雨漏りする可能性があります。

「木造住宅は陸屋根にするのが難しい」といわれているのも、雨漏りの危険性が高いからです。

 

寄棟屋根は、四面の屋根材から成り立っています。

住宅の屋根としては切妻屋根に次いでポピュラーな屋根です。

斜面の数が切妻屋根は2面なのに対し、寄棟屋根は4つの斜面があることになります。

4つの屋根面をつなげる必要があるため、接合部分の施工が複雑になり、施工やメンテナンスに費用がかかります。

屋根面が増えることから、工期、人件費ともにかさむケースも多く、メンテナンス費用もかかります。

 

一言に屋根と言っても、沢山の種類、それぞれにメリットデメリットがあることがわかります。

是非コラムを参考にしていただき、屋根形状について考えていただければと思います。


無料WEBカタログはこちらから 無料WEBカタログはこちらから 来場予約はこちらから 来場予約はこちらから